私たちは丹波篠山(たんばささやま)の農業者です。農場での出来事や黒大豆、イチゴ、お米など農産物の販売、「青空塾」の記録等様々な情報をお届けしています。

メールアドレス
パスワード
カゴの中身を見る

新規会員登録 >>

パスワードを忘れた方はこちら >>

商品コード:
KE0001

丹波篠山産 黒枝豆

販売価格(税込):
756~1,458
規格名 価格
1㎏ 1,458円
500g 756円
ポイント: 7~13 Pt
関連カテゴリ:
丹波黒枝豆
大人気の丹波篠山産 黒枝豆です。
多くのテレビや雑誌にも取り上げられ、丹波篠山を代表する秋の名品として知られています。

篠山地方では古くから良質の黒大豆が栽培されてきました。丹波黒枝豆はその黒豆がサヤの中で熟成しきって黒色になる前の青いサヤの状態のものです。枝豆としての旬の時期は非常に短いのですが、その味は非常に美味しいと人気が高く、多くのファンがおられます。寒暖の差が大きく肥沃な大地で育った丹波篠山産の黒大豆枝豆は、とても大粒で栄養価が高い為「とてもコクのある味」になります。

*販売期間は10月8日から10月31日となります、お届け日を必ずご指定下さい

  • 枝豆重さ:
数量:

特徴

糖度が高く、粒が非常に大きい。サヤにうぶ毛が伸び、黒ずんだり、茶褐色の斑点があります。表皮が傷んでいるように見えますが実はこれが黒大豆の特徴、時期が遅くなるにつれて汚い姿になっていきますが味は濃くなっていきます。見た目が汚いほど味が濃くなっている目安です。
右のイラストをクリックしてご覧下さい。

栽培

篠山盆地は標高200~300m。山の中をすり鉢状にえぐったような周囲を山々に囲まれています。夏は蒸し暑く、冬は厳しい底冷え。秋には降霜が発生します。また、年間を通し昼夜の温度差がとても大きいという厳しい気候条件や粘土質の土壌が良質な黒豆をはぐくみます。米や大豆、栗、松茸とどれをとっても味、香りは濃ゆいのが丹波篠山の特徴です。

歴史

古くは畦豆といい、田んぼの畦道に植えられていた黒大豆は丹波地方を中心に古くから栽培されていました。生産量が少なく他の地域では育ちにくかったことから江戸時代には幕府への献納品になるなど特産品として名が広がってきました。ただ枝豆としては昔から篠山では食べられていたものの、他ではほとんど知られていませんでした。

一莢一莢を丁寧に選別しています、いいものだけを鮮度保持袋に入れてお届けいたします。
袋に入れたまま冷蔵庫で5日程度保存ができます。

販売時期

10月8日~10月31日
(天候により販売時期は変更することがございます)

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品一覧

丹波黒枝豆

篠山のお餅

丹波大納言小豆

丹波篠山のもち米

たぶち農場のいちご

丹波篠山 特産 山の芋

体験・貸農園

アクセス

〒669-2723
兵庫県篠山市口阪本158−3

お車でのアクセスを確認する

メルマガ会員

メルマガ会員登録

携帯からのメルマガ会員登録は
こちらから↓

携帯メルマガ会員の登録はこちらから

イベントカレンダー

大きなカレンダーで見る
FAXでのご注文はこちらから
クレジット払い